LEOIMAI

“Bite”

LEO今井

2018.04.13(金)配信シングル

TVアニメ「メガロボクス」オープニングテーマ

◆iTunes (4/13 0時より単曲・アルバム『VLP』プレオーダー受付スタート)
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1369835720?app=itunes

「Bite」ライナーノーツ

LEO今井が屈強なバンドサウンドへの憧憬を素直に解き放ったアルバム『MADE FROM NOTHING』から早5年。TVアニメ「メガロボクス」のオープニングテーマとして書き下ろされた「Bite」は、まさに『MADE FROM NOTHING』からの流れを汲む王道ロックソングのようにも聴こえるが、しかし、その世界観はまるで「全LEO今井史」を俯瞰するような奥深さがあることに気付かされるはずだ。

 終始にわたり楽曲の根幹を形成する狂犬が地を這うようなアグレッシブさを想起させるグルーヴは「メガロボクス」の森山洋監督から託された「荒野の地面の底から鳴っているような音」を見事に具現化。それに絡みつくようなシンセサイザーサウンドはまさにLEO今井の真骨頂のひとつであり、高揚感すらもたらしてくれる。そして、ストレートにドラマ性を育んだ前半につづき、後半はバンドサウンドが燃え盛る咆哮とともに一体感を持ちながら消失点へ昇りつめていくかのようなヒリヒリする重奏が繰り広げられ、とにもかくにも聴後に感じる痛快さったらこの上ない。語感の妙を感じる詩情から読み取れる侘び寂びも含め、まさにLEO今井を味わい尽くすことができる一曲に仕上がっている。

 そして、何と言っても特筆すべきは「Bite」がLEO IMAIバンドのメンバーである岡村夏彦(G)、シゲクニ(B)、白根賢一(Dr)と共にレコーディングされていることだ。2012年以降にライブではお馴染みとなった4人は徐々に結束力を高め、それと呼応するかのようにバンドサウンドが強度を増していった。特に2017年におけるワンマンライブや「大都会」(LEO今井自主企画ツーマンライブイベント)シリーズでのステージでは「機は熟した!」と膝をたたきたくなるような瞬間が多々あり、それが今回の4人でのレコーディングに結びついたことは容易に想像できる。結果的に「Bite」という楽曲でバンドサウンドが深化を果たしたというのも頷けるというものだ。

 さて、4人によるレコーディングは「Bite」だけに留まることはなさそうだ。7月11日にリリースが予定されている待望の最新アルバム『VLP』は4人での音作りによるものになる。おそらく彼らのバンドサウンドはより深く地核にまで到達し、熱く煮えたぎるマグマを荒々しく放出させることだろう。ひとまずこの「Bite」を聴いて、ニューアルバムへの期待感にしっかりと向き合っていただきたい。

– Tomohiro Kobayashi

New Album 『VLP』

2018年7月11日(水)発売

COCP-40400 3,000円(税抜)

http://columbia.jp/artist-info/leoimai/info/59543.html
 

“VLParty (a release party)”

LEO IMAI
LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一

大阪7/16(月祝)大阪 心斎橋CONPASS
open 17:00 start 17:30
¥4,000(前売/1ドリンク別)
(問)tel.06-6535-5569 (SMASH WEST)

東京 7/19(木)東京 新代田FEVER
open 19:00 start 19:30
¥4,000(前売/1ドリンク別)
(問)tel.03-3444-6751 (SMASH)

チケットオフィシャル先行受付中(抽選制)!(〜4/18(水)23:59まで)
http://w.pia.jp/t/leoimai-of/

一般発売:4/28(土)